副業解禁!ビジネス英語が役に立つ副業は?レベルに応じた7つの働き方

ビジネス英語コラム

皆さんは副業について考えたことはありますか?現在日本は、働き方改革により、国から副業が推奨される時代になっています。副業を解禁する企業も増えてきており、その注目度は増すばかりです。

この機会に、ぜひ役に立つ副業について真剣に検討してみてください。中でもビジネス英語が使えれば、豊富な選択肢の中から自由な働き方を選ぶことや収入/年収UPも可能です!自身で働き方やライフスタイルを選ぶ時代が、もうすぐそこまできています。社会の流れやトレンドにいち早く乗っていけるように、今からさまざまな副業に目を向けていきましょう。

今回はビジネス英語を役立てて働ける副業を7つご紹介いたします。ビジネス英語を高めたいまたは関心がある方は是非チャレンジしてみてください!

ビジネス英語を役立てて副業を始めるメリット3つ

まずはビジネス英語を使って副業を始めることのメリットを理解しましょう。
ビジネス英語が使えれば副業の選択肢が広がり、働きながらより英語力を高められます。
英語を使う仕事は単価が高いものも多く、短時間でより効率的に収入/年収アップも期待できます。

①副業の選択肢が増える

副業にはさまざまな選択肢がありますが、ビジネス英語を使えればより豊富な選択肢の中から副業を選べます。外出せずに自宅で働きたい、夜の暇な時間を活用したい、人とコミュニケーションを取る仕事をしたいなど、希望に合わせた仕事の選択も可能です。

ビジネス英語のレベルに応じて選べる副業の種類も変わってきますので、自身のスキルと照らし合わせながら最適な副業を探してみましょう。

②働きながら英語力を高められる

ビジネス英語を使う副業にチャレンジすれば、自ずとビジネス英語に触れる時間が長くなります。
リーディング、リスニング、スピーキングとそれぞれのスキルを伸ばすことができます。
これまで勉強にだけ使っていた時間を働きながら学ぶ時間に切り替えられて、より有意義な時間を過ごせるでしょう。

ビジネス英語力を高めれば、将来的にそのスキルを活かした仕事に転職したり、本業に活用したり、独立する際にも役立ちます。

③英語を使う副業は単価が高い

ビジネス英語を使う副業には一定以上の英語力が必要です。

特に日本人は英語に自信がない方が多く、ある程度の英語力があっても仕事にはできない…と踏みとどまっている方もたくさんいます。そんな中で、英語力を求められる仕事はたくさんあります。供給よりも需要の方が高く、自然とその単価も高くなっています。

ビジネス英語のコーチング、翻訳などは、通常のオンライン家庭教師やライティング業務などよりも高単価での取引が可能です。一般的なアルバイトや単純作業の内職に時間を費やすよりも、自身の英語スキルを活かせる高単価の副業を狙いやすいというのも大きなメリットの一つです。(=収入/年収UP)

ビジネス英語を活かせる副業7選!

実際に、ビジネス英語を活かせる副業の中でもオススメの働き方を7つご紹介します。
求められるスキルと自身のビジネス英語力を照らし合わせ、働きやすく効率的な副業を探してみましょう。

①ビジネス英語についてのライター

ある程度ビジネス英語はできるけど仕事にするほど自信がない…という方にオススメなのがビジネス英語についてのライターです。

実際に英語スキルを使うのではなく、自身の勉強法や留学先での経験、オススメの英語学習教材についての記事を執筆する仕事です。このような記事は、企業によっては社員ではなく一般のライターと個別に契約して書いてもらっているケースも多いです。ネットで検索すれば英語スキルについての記事執筆の依頼がたくさんありますので、すぐにチャレンジできます。

とくに英語を活かした経験や留学の体験談などは実際に経験したことがある方が書く方がリアリティがあり、企業もそのような記事を求めています。一般的な記事と比べてもこのような記事は単価が高く、効率的に収入を得られます。

在宅でできる仕事も多いので、まずはこのような副業からチャレンジしてみるのも良いでしょう。

②メニューや動画サイトの翻訳など

ビジネス英語ができる方に人気の副業として翻訳業務があります。
日本語から英語へ、また英語から日本語へ、分かりやすく、伝わる文章を作成する仕事です。

気軽に翻訳の仕事にチャレンジしたいという方は、飲食店のメニューの翻訳、youtubeなどの動画の翻訳の副業がオススメです。海外からの観光客に対応するために、英語のメニューを作りたいと考えている飲食店や宿泊施設、娯楽施設はたくさんあります。海外の方が読んでも違和感のないナチュラルな英語に翻訳できれば、このような仕事を受けられます。個人への依頼もたくさんあるので、副業を探している方はぜひチェックしてみてください。

また、近年youtuberという職業が注目されており、日本国内だけでなく海外の視聴者も獲得したいという方もたくさんいます。そのような方の動画を英語に翻訳し、字幕をつけるという仕事も高いニーズがあります。反対に、海外のyoutuberの動画をもっとスムーズに見たいという方のために日本語訳をつける仕事もあります。

専門性の高い動画の字幕ほど単価もアップするので、こちらも自身のスキルに応じた内容を選びましょう。

③ビジネス業務に関する翻訳

翻訳内容はさまざまですが、ビジネス英語がある程度できるならビジネス業務に関する翻訳がオススメです。

ビジネスメール、企画書、資料など、会社で使うものの翻訳を依頼されます。スピーディーさが求められることも多いですが、慣れてしまえば速やかに対応できるようになります。製品の説明書や契約書、企業ホームページの翻訳など、重要度の高い仕事もあります。ビジネス英語力が身についてきたと感じたら、このような専門性の高い仕事にもチャレンジしてみましょう。

専門性が高くなればなるほど翻訳の単価もアップします。現在の本業と関係のあるジャンルや、興味のあるジャンルに的を絞れば、単価の高い仕事も見つけやすく、スムーズに依頼をこなせるようになるでしょう。

④英会話スクールの講師

ビジネス英語を利用する副業と聞いて真っ先に英会話スクールの講師をイメージする方も多いです。

英会話スクールは現在多様化しており、さまざまな働き方があります。従来のように講師一人に対して複数人の生徒がいる英会話スクールは、生徒のレベルに応じて英語を使い分けるスキルが必要です。マンツーマンの英会話スクール講師の場合は、その生徒の目的に応じたカリキュラムを自分で考えるスキルも求められます。

家庭教師として派遣されるタイプの英会話スクールもあります。毎回教える環境が変わるので最初は緊張するかもしれませんが、慣れてくると人とコミュニケーションを取りながら丁寧に教えることの楽しさも見いだせます。

⑤個人でのビジネス英語の講師

最近は英会話スクールの講師としてではなく、マンツーマンで教えるケースも増えています。
ビジネス英語を教えてほしい人をネットで募集し、条件が合えば相手の自宅に行ったり教室を借りたり、カフェでおしゃべりをしながらビジネス英語を教えるというスタイルです。

英会話スクールを通さないやりとりになるのでよりフレンドリーに、お互い緊張することなく楽しみながら英語を教えられます。個人の講師は料金も自分で設定できるため、他の人を参考にしながら適切な価格を決めていきましょう。

ただ、このような働き方は万が一トラブルが起きたり、一方的にキャンセルされたりしても英会話スクールが守ってくれるということはありません。自己責任でどこまでやれるかを慎重に考える必要があります。

⑥オンライン英会話講座の講師

現在は対面での英会話スクールではなくオンラインの英会話講座の講師も人気があります。
コロナによる外出自粛、働き方の多様化によって、同じ時間に同じ教室に集まるということが難しい方が増えてきています。また、地方に住んでいたり体が不自由だったりして英会話スクールに通えないという方も、今はオンラインで気軽に英語を学べます。このようなスタイルを見逃さないわけにはいきません。オンラインのビジネス英語の講師は多くのスクールで募集されているので、ある程度英語力に自信がある方はチャレンジしてみましょう。

オンラインでの講師はマンツーマンのやりとりが基本です。実際に対面するのとは違い、声が聞き取りにくい、口元の動きが伝わりにくいなどの弊害もありますので、より伝わりやすいビジネス英語を意識する必要があります。講師専用のスタジオが用意されていたり、自宅で機材を揃えて教えたり、教え方はスクールによってさまざまです。

仕事終わりや休日に気軽に働きたいなら自宅で直接教えられるスクールを選ぶと良いでしょう。

⑦観光客を相手にするガイド

コロナの影響で海外からの観光客は激減していますが、オリンピックに向けて徐々に規制が緩和されることが見込まれています。そんな中で密かに注目を集めているのが海外からの観光客を相手にするガイドです。

旅行会社が用意するガイドも人気ですが、普通の日本人がどんなことをして、何を食べているのかというリアルな一面を知りたいという観光客も多いです。そんな観光客に対して、個人の旅行ガイドは人気があります。

ガイドブックには載っていない観光スポットや、そのスポットの歴史、裏話、隠れ家的な美味しいお店などを紹介すれば喜んでもらえます。個人のガイドは、資格を持つガイドを利用するよりも低価格で依頼できるという点でも、海外の観光客から人気です。
日本についてもっと知ってもらいたい、自分が住んでいる街の魅力を伝えたいという方は、観光客相手のガイドも検討してみましょう。」
ガイドをしたい方とガイドをしてほしい観光客を結ぶマッチングサイトもたくさんあります。

ビジネス英語のスキルを活かして副業にチャレンジしよう!

ビジネス英語を活かした副業を7つ紹介しました。

ビジネス英語ができれば、副業の選択肢が一気に増えて収入アップも期待できます。加えて“海外旅行が楽しめる””海外の方との交流を広げられる”さらに”海外への転職や移住といった選択肢を広げる”など将来的なライフスタイルの形成にも役立つと考えられます。

また働きながら英語力を高められ、今後のスキルアップや転職、独立にも役立ちます。今からでも副業に活かせるビジネス英語を学ぶのは早い遅いはありません。やるかやらないかの判断と実際に行動できるかが重要です。ビジネス英語を勉強する際は適当に教材を揃えたり適当にコーチングを受けたりするのではなく、より的確な指導をしてくれる講師を探しましょう。

オンラインで気軽に受講できる、ビジネス英語使用歴が長い講師から教えてもらえる、「3ヶ月で話せるようになる」という風に期間と目標がはっきりしているなど、信頼できるビジネス英語コーチングを利用してみてください。その手助けとなるCrovers英語コーチングのトップページも是非確認してみてくださいね!