社会人にビジネス英語が必要な3つの理由

コーチング

ビジネス英語に社会人の必要なスキル

ビジネス英語と聞くとなんだか難しそう。将来のために英語の勉強をしているけれど、本当にビジネス英語が自分に必要なのだろうか? 

漠然とした不安や周囲の情報だけでは判断がつかないこと多いですよね。ただ事実として社会人が学ぶべき必要スキルとして英語(とりわけビジネス英語)は常に上位に来ています。教養としても早期に学ぶべきとの声がビジネスマン筆頭に多く寄せられています

なぜ社会人に英語必要とされているか、また私がビジネス英語をオススメさせていただきたいか。それは日本というマーケットにいる人材やスキルなど総合的にみてメリットが非常に大きいからです。

こちらの記事は、私のコーチングを受講いただいた生徒様の生の声、また実際に実務でビジネス英語を使う私の
体験やマーケットの情報を含めて、ビジネス英語の必要性についてわかりやすくお伝えさせていただきます。

以下の1つでも皆さんに当てはまる項目があれば、是非記事を読んでいただけますと幸いです。必ず皆さんのお役に立ちます。

ビジネス英語が必要と考えられる方

目標設定の3ステップ

  • ①社内の理想のポジションや成長の機会を掴みたい
  • ②給与や待遇をより高めていきたい
  • ③最新の情報やネットの情報をうまく活用したい

①社内の理想のポジションや成長の機会を掴みたい

こちらの項目でイメージしやすい事例として“大手日系メーカー” “外資系企業“に転職された2名の生徒様の状況を絡めてご説明させていただきます。

日系大手メーカー:海外プロジェクトへのアサイン

大手メーカーに勤務のあるエンジニア様から 「今まで英語と無縁の社会人生活でしたが、海外のプロジェクトにアサインされて会議やコミュニケーションで英語が必要になりました」とのお話。地道に努力されてきた結果、海外プロジェクトでキャリアより加速する素晴らしい事例です。20代の方ですが、プロジェクトベースで臨むポジションや成長の機会を掴まれ、業務を行う上でビジネス英語が必要でした。

特にモノづくりでは製品の仕入れや製造拠点は国内だけではなく海外へと広がっています。そのためある限られた海外に関わる職種以外でも英語が必要なプロジェクトにアサインされることは多々あります。

人件費が高い日本で製造するよりも、海外で生産した方がコスト競争力もあり、またグローバル市場で通用する製品開発には必ず海外現地の人と協業しながら仕事を進める必要があります。現地の人に日本語を期待することはできないので、こちらから英語で話せる必要があるでしょう。 少子高齢化が進む日本、持続的な企業の成長やビジネス拡大には英語が話せる人材のニーズは高まる一方です。

外資系企業:レポート提出の上司が外国人

こちらの生徒様はビジネス英語の緊急度が高い事例です。「理想のポジションを目指して外資系企業に転職をしました。上司が海外の方になりビジネス英語が必要で大変困っています。レポートや日々のコミュニケーションをビジネス英語で考え、伝えるレベルにまで持っていきたいです」とのことでした。 
特に外資系企業などはレポート先の上司が海外の方になると必然と英語が必要になるため、対策や学習も緊急性が高くなります。

一方で皆さんのように社会人の方は多忙なので、時間を生み出すことや効果的な学習を行うことが必要となります。ご家庭やパートナーがいる方はさらにやりくりが大変です。

このような事例が自分関わらないと思う方もいらっしゃると思います。ただ変化の激しい時代、企業そのものの寿命も短くなってきています。大企業でもM&A(吸収や合併)で外資資本が入りことや海外の移民が増えて職場がグローバルも今着実に広がってきています。今必要性を感じていない方も3年、5年そして10年先に必要ではないと言える方は少ないのではないかと考えています。

注目すべきポイント:成長ポジションの獲得の激化

こちらはビジネスの一線で活躍されている生徒様からの貴重な意見です。俗に言われる人気のポジション “マーケティング“ “企画” “製品開発” などのポジションを狙うにはビジネス英語のスキルが必要とのことです。なぜならこのような会社にブレインとなるポジションは希望者も多く、その基準にも使われるとのこと。何よりこのようなポジションが社内以外の社外との連携や情報取りに英語が求められるケースが多くあります。

例えば中途採用などはポジション別の採用が基本であり、下記のような記載が行われています。

記載例

  • 外資系広報:実務レベルのビジネス英語力(メールや会議を行えるレベル)が必要
  • 日系大手マーケティング:英語力(目安:TOEIC700以上)が必要
上記は一例ですが、このような人気のポジションには必須要件に英語力が入ってきています。実際の話では、スキルや経験は十分ですが、英語力がネックで若手が代わりにポジションを獲得したという事例もございます。最近の若手の方は、英語に力を入れてきていることも多く、成長ポテンシャルなど加味して人気のポジションに初期段階から配属するケースもあります。
私が社会人の方から「新入社員が英語ができるので、英語業務で自信がなくなってしまいます」という相談も多く受けています。ビジネス英語はすぐにとはいかないため、皆さんが望むポジションや成長の機会獲得のため計画的に学習を進めていくことが必要です。 

②給与や待遇をより高めていきたい

これは漠然と皆さんも思われていることですが、念押しでお伝えすると英語能力は給与や待遇に直結します。日本の市場ではまだまだ英語がビジネスレベルで運用できる人材が十分にいないため、転職やポジションを狙う場合ビジネス英語が大きなアドバンテージになります。

例えば、ポジションの要求値が高い大企業や成長企業は英語など求められるスキルも高く、高収入(700~800万円)などの求人も業界やスキル次第で狙えます。対してポジションが比較的狙いやすい、サービス業やルーティンワークは低収入(300~400万円)が平均値なる傾向にあります。

今後は中間所得層(500~600万円)は減り、収入格差が広がると私は考えています。理由は日本の雇用の支えていた年功序列が崩壊しつつあるためです。

【参考】

日本を代表する会社トヨタの社長のコメントは、従来の雇用システムの変革になるきっかけといえると私は考えています。

今から少し前の時代は製品を大量生産し、販売するビジネスモデルが主流でした。ただ海外で安く生産できる供給体制が整いつつあること、また少子高齢化で消費者(お金を使う人)が日本から減ることで、今までのビジネスモデルでは雇用を確保できなくなっているのです。日本企業が収益を上げるには、新しいマーケット(海外)への進出やグローバルでの協業が不可欠です。逆にどのようなスキルを高めていて準備をしている人たちにはチャンスが今まで以上に増えてくる可能性が高いといえます。

Akito
ビジネス英語と皆さんのスキルを掛け合わせることで、希望のポジションや事業に関わる仕事に着ける可能性が高くなります。つまり”替えの効く単純労働“を避けることができるのです。英語が出来る人にはチャレンジングなポジションは広く、理想的なキャリア形成を早期に行うことが可能になります。”ポジション思考” ”ジョブ型“ が加速する今ビジネス英語を効果的に活用していきましょう。

③最新の情報やネットの情報をうまく活用したい

日本語と英語の情報量の差

英語と日本語でどれだけの情報量の違いがあるのかご存じでしょうか? 

最新のWikipediaのデータによると、英語がネット上のコンテンツ全体の60.6%、日本語は2.1%、情報量にして約28倍です。 (2021年5月2日時点)

ネットが急速に広がる現代では、情報の比較検討やにいかに早くリーチができるかがビジネスの成否を決めることになります。そのためでネットの情報やトレンドにキャッチアップする上で英語の必要性が高いです。 

Akito
例えばネット商品やサービスの比較ですが、同じ製品でも日本語では10,000円ものが英語表記ではUS$20 (約2,000円)などもあります。極端な例ですが、情報の比較検討を行うことで正しい情報の判断や自頭を鍛えることが可能です

日本語と英語の情報伝達の差

2020年の世界の大学ランキングでは日本は36位、上位のトップレベルの大学はアメリカやイギリスなど英語圏にあります。この順位から、大学での研究や最先端の情報発信は英語で行われているということです。これらはビジネスのトレンドや事業開発のアイデアにも使えることが多々あり、それぞれの業界で重要なキーパーソンや著名人の行動を早く知ることができます。

英語で発表されたニュースが日本語に翻訳されるには時間もかかり、日本語で届くころには情報の旬が過ぎていることも多いです。100%正確に情報を理解することよりも、複数の情報源から英語でいち早く情報をキャッチし、それを理解することが重要です。情報を早期に入手し棚卸や共有ができる人は理想的なポジションを獲得できると言えます。

まとめ:社会人キャリア構築にビジネス英語は必要!

まとめとして、”ビジネス英語は将来の皆さんのチャンスや可能性を広げるきっかけになります。
時間は平等で経過した時間は戻りません。こちらの記事を見てビジネス英語が必要と感じた方、当サイトの生徒様の声や他のページを是非見てみてください。きっと踏み出す一歩をサポートできます。

当サイトCROVERSではビジネス英語に集約したアウトプット重視のコーチングを提供しています。トップページや生徒様のコメントを見て少しでも興味をお持ち頂けた方、体験セッションから新しいワークライフスタイルをビジネス英語と切り拓くサポートが出来れば幸いです。