ビジネス英語のコーチングは個人がオススメ! 料金や大手スクールの落とし穴とは?

コーチング

ビジネス英語のコーチングを受けたいと思ったとき、まずはコーチを探さなければなりません。そこで迷うのが大手スクールにすべきか個人からコーチングを受けるべきか? という点です。

安いからまた知名度が高いから、という理由だけでスクールを選ぶと失敗してしまうかもしれません。

こちらではビジネス英語のコーチングを受ける前のチェックポイントを紹介します。

大手スクールを選ぶ際の落とし穴!

大手のビジネス英語スクールは知名度が高く知られていることが多いです。

知名度があるまたは料金が安いからという理由だけでコーチを決めて後悔方が後を絶ちません。大手スクールにありがちな落とし穴を事前に確認しておきましょう。

講師の当たりはずれがある

大手スクールは在籍している講師も多いですが、自由に選べない可能性が高いです。

英語のレベルや開催されるクラスの時間によって講師が決まっている、レッスンごとに講師が変わってしまうということも。

在籍数が多くても選択肢が少なければ理想の講師を見つけにくくなってしまいます。また、講師が変わる頻度が高ければ自身の苦手な部分やクセなども毎回説明しなければならず時間のロスにつながります。

「ネイティブ講師」を売りにしている大手スクールもありますが、ネイティブであればいいというわけではありません。

ビジネス英語を学ぶなら、ビジネス英語の指導や実践経験がある講師に教わることが何より大切です。

マニュアルありきの指導になりがち

大手であればあるほど、指導内容はマニュアルに沿ったものになっていきます。

指導内容をマニュアル化することで講師による指導レベルのバラつきを抑えることができますが、それだと個人に寄り添った指導ができなくなるというデメリットもあります。

苦手な箇所を克服したい、スピーキングに特化したコーチングを受けたいなど、個人によって違う要望を叶えるのは、大手英語スクールでは難しいかもしれません。

価格や知名度にサービス内容が負けている

低価格で知名度の高い大手スクールは、それだけで安心感があるような感じがします。

ですが実際に入会してみると追加料金などがかかる、月謝で考えると安くても授業の回数や時間を考えるとそこまでお得ではない…と気づくこともあります。講師のレベルだけでなく、その他のスタッフの対応に不満を感じることも。

指導内容をマニュアル化し経験のない講師やアルバイトスタッフを雇用している大手スクールもあるので注意しましょう。また、宣伝広告費にお金をかけすぎて実際の質は低い可能性もあります。

個人でのビジネス英語コーチングがオススメの4つの理由

よりスピーディーにビジネス英語を習得したいのであれば、個人スクールのコーチングがオススメです。その理由を4つ紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

個人でのビジネス英語コーチングオススメ理由

  • 経験豊富な講師がマンツーマン指導
  • 個人に寄り添った指導をしてくれる
  • スケジュール管理が柔軟
  • メンタル面での安心感も強い

経験豊富な講師がマンツーマン指導

個人でのコーチングでは、経験豊富な講師からが継続して教えてくれます。個人のコーチングは講師の質が口コミを大きく左右し、そして口コミが何よりもの宣伝となります。

口コミがよければさらなる顧客を増やせますが、悪い口コミの多い個人でのコーチングは長くは持たないでしょう。

講師が個人で活動している期間が長いということはその分顧客に信頼されているという証拠でもあります。

個人スクールの講師はTOEICの点数が高い、海外留学経験がある、また実際に現場でビジネス英語を使用している指導しているなど、さまざまな実績、経験をもとに信頼できる指導をおこなってくれるでしょう。

個人に寄り添った指導をしてくれる

個人のコーチングの最大のメリットとして、個人に寄り添った指導をしてくれるという点があります。

大手のマニュアル通りの指導ではなく、個人の悩みをしっかり時間をかけてカウンセリングし、克服すべき部分、もっと伸ばすべき部分を見極めてそれに応じたカリキュラムを作成してくれます。

自分にぴったりの指導を受けられるのでその分マニュアル通りのコーチングを受けるよりもスピーディーな上達を期待できます。忙しい社会人、少しでも早くビジネス英語を習得する必要がある社会人にとっては嬉しいポイントと言えるでしょう。

スケジュール管理が柔軟

大手の場合は毎回レッスンの曜日、時間が決まっていた李、キャンセルや次の予約は自分で管理しなければならないことがほとんどです。ですが個人ならスケジュールの管理も柔軟です。

臨機応変に時間や曜日の変更を依頼できますし、より効果的なペース、時間配分などもコーチングしてもらえるでしょう。働き方も多様化しており、毎週同じ時間を空けられないという方にとっては、個人のこのようなスケジュール管理体勢は大きな魅力ですね。

メンタル面での安心感も強い

個人によるコーチングを受けるのと大手での授業を受けるのとでは、メンタル面にも大きな違いを感じる方がいます。

大手の場合、他の生徒より遅れを取っていることに焦りを感じたり、講師に他の生徒と比較されているのではないかと不安になってしまったりすることもあります。

このような悩みを抱えていても、講師には直接伝えにくく、ビジネス英語に対する劣等感がますます強くなってしまう可能性も。

一方で個人コーチであればマンツーマンの指導してくれて、親身に相談にも乗ってくれます。

「マニュアル的な対応ではなく私自身を見てくれている」というのが感じられると、自然に自信もついてくるでしょう。英語力が伸び悩んでいるときにも気軽に相談でき、よきパートナーとして寄り添ってくれます。

大手スクールと個人のコーチングはどちらを選ぶべき?

ビジネス英語をより早くスムーズに習得するには大手スクールと個人のコーチング、どちらを選べばいいのでしょうか?どちらが合っているかはその人によっても違いますが、下記のようなポイントをチェックして自分に合うコーチングを受けましょう。

料金や知名度ではなくサービス内容や実績で選ぶ

コーチング先を選ぶ際にコスパや効率を重視する方は多いですが、料金や知名度だけで選ばないようにしましょう。

高くても、個人に寄り添った指導をしてくれる、充実のサービスを受けられる、質の高い講師から指導を受けられるなど、全体を通して見れば良質なサービスを受けられるスクールの方が、自身が望む英語力やリターンが得られます

安い料金で実力がつかないまま長く通い続けるよりも、高品質なコーチングを受けてスピーディーな上達を狙うのがオススメです。

相性のいいコーチを見つけることが大切

大手でも個人でも、コーチとの相性次第でビジネス英語の上達度は大きく変わります。

自分に合う指導をしてくれる、こちらの悩みをすぐに理解してくれる、アドバイスが的確といった良質なコーチを見つけるのは大変ですが、無料の体験教室などを利用して講師との相性を見極めましょう。

マニュアル的な指導をする大手よりも、個人のコーチングの方が相性が合うことが多いです。大手ばかりに目を向けている方は個人のコーチングもチェックしてみてください。

個人コーチは経歴をチェック!

個人のコーチングにはさまざまな魅力がありますが、選ぶ際はコーチの経歴をチェックしてみてください。

そのコーチが独立して活動しているということは、その分確かな経験、実力、実績を持っているという可能性が高いです。ビジネス英語の能力が高いだけでなく、指導経験も豊富なコーチであれば、より満足のいく指導を受けることができるでしょう。

個人のコーチのサイトには語学経験や指導実績などが詳しく記載されていることがほとんどですので、自分の求める指導を受けられそうか、自分と相性がよさそうかをチェックしてみてください。

個人でのコーチングでビジネス英語を習得しよう

大手スクールの落とし穴、ビジネス英語のコーチの選び方を紹介しました。大手でも個人でも相性のいいコーチを見つけることが大切ですが、自分に合う指導を受けたいのであれば個人の方が相性のいいコーチを見つけやすいです。

広告がよく出ているスクールだから、料金が安いからなどの理由だけで選ばず、個人のコーチにも目を向けてみましょう。

当サイトビジネス英語コーチングCroversでは、ビジネス英語の豊富な実績や知見を基に皆さんの “振る舞いに自信を“持っていただける良質なビジネス英語コーチングを提供させていただきます。

今後のキャリアUPや選択肢を広げていきたい皆様、是非下記リンクからビジネス英語コーチングをご検討頂ければと思います!