英語できると年収はアップする?ビジネス英語と収入の相関関係を徹底リサーチ!

ビジネス英語コラム

英語できると年収はアップする?

”英語を身に着けるとできる仕事の幅が広がる” そんなイメージが漠然と皆さんにあるかと思います。仕事の幅や業務の質が上がることはつまり年収UPに繋がります!

年収をアップさせたいけど何から始めればいいかわからない、異業種へ転職したいという方はぜひビジネス英語をマスターして転職やキャリアアップにお役立てください。

こちらの記事では英語力が高いとどうして年収アップにつながるのか、その理由を解説します。

英語力と年収の関係は比例する

まずは英語力の高さと年収の高さが本当に比例するのかを見てみましょう。

株式会社キャリアインデックスがおこなった1000人を対象にしたアンケートによると、年収が700万円以上ある方の約半数である48.7%が日常会話程度の英会話と読み書きができると回答しています。

年収500万円以上の方のこの割合は34%、さらに年収500万円未満の方が英語の読み書きができる割合は22.4%でした。

このように、年収が高い方ほど英語力が高い人が多いというデータが実際に出ています。

また当サイトの記事でも転職時の求人数や英語が出来ることによる年収差が200万以上変わるなどの関連性もリンクに整理しております。

<参考リンク>
CAREER INDEX 「英語力と年収は密接な関係あり。年収700万円以上の人は約半数が英語での日常会話や読み書きが出来ると回答」
CROVERS ビジネス英語を身につけて得られる3つのメリット (年収/転職/ライフスタイル)

英語力が高い方のキャリアプラン

英語力の高さを求める企業は多いです。

海外との取引がある企業、海外に支社がある企業、今後開催向けのサービスの展開に力を入れたい企業などなど。これらの、海外とのつながりがある企業は将来性も高く、また大企業であることも多いです。

その分待遇もよく、高い給料、賞与を期待できます。他の応募者よりも高い英語力をアピールできれば採用につながり、英語力を活かしてキャリアアップを狙えるでしょう。さらに今後の転職のために英語力を身に着けることも大切です。

現在は国内に向けての仕事しかしていなくても、英語力が高くなれば同じ業種でも海外との取引がある企業、より高待遇の企業への転職ができます。

バイヤー、通訳者、ツアーコンダクターなど、憧れの仕事への転職も叶う可能性がぐっと高まります!

英語力を活かせる仕事

英語力を活かせる仕事にはどんなものがあるのでしょうか。その一部をご紹介します。現在の仕事から転職しやすい仕事や、憧れていたものの英語力の低さから諦めていた仕事などへの転職を目指しましょう。

英語力を活かせる仕事

  • 通訳・翻訳の仕事
  • 企業コンサルタント
  • 留学生のサポート業務
  • バイヤー
  • 外資系企業、商社

通訳・翻訳の仕事

通訳や翻訳の仕事には高い英語力が求められます。教科書に載っているような文法から、地域によって微妙に違うニュアンスの言葉遣い、なまり、スラングなどもきちんと把握しなければ正しい文章に訳せません。

通訳や翻訳の仕事はその業務内容によって求められる英語力が違い、求められるスキルが高ければ高いほど給料も高く設定されています。

英語での電話対応、メール対応、英語での資料作成などを行う英文事務は比較的求められるスキルは高くないことが多いです。企業内でのミーティングなどで同時通訳をおこなう、資料を作成するなど、業務と密接に関係する仕事を任されるようになるとさらに高い英語力が求められます

通訳、翻訳だけを仕事にするという道もあります。その場合はTOEIC800~900点ほどの英語力が必要です。

さらに通訳、翻訳する分野の専門的な知識、文化、歴史的背景など、あらゆることに精通していなければ正しい通訳、翻訳は難しいと言えます。英語+αの学びが得ることが出来る非常にやりがいのあるお仕事です!

企業コンサルタント

依頼を受けその企業に介入し、どんな問題があるのかを調べて企業の体質を改善するのが企業コンサルタントの仕事です。

一見英語力は必要ないように見えますが、外資系企業がこの企業コンサルタントを活用する例は多く、海外のプロジェクトの調査を依頼されることもあります。

実際に海外の支社に行って調査をすることもあるため、非常に高い英語力が求められます。

留学生のサポート業務

日本に来てまだ間もない海外からの留学生をサポートする、反対に日本人の留学先を海外で探す、海外の施設と連絡を取るなどの業務があります。

とくに海外の学校関連の資料をしっかり理解する必要があり、些細なミスで留学生に負担をかけてしまいかねません。さらに留学生との面談、カウンセリング業務などが入ると、より高い英語力はマストとなります。

バイヤー

その企業が販売するための商品や原材料を買い付ける仕事です。高品質のもの、本場のもの、低価格なものを仕入れるために海外へ出張することも珍しくなく、中にはフリーランスとして活動しているバイヤーもいます。

海外での日常会話はもちろん、価格交渉や契約などで高レベルな英語力が必要です。

さらに買い付けだけでなく、買い付けた商品や原材料をどのように企業で販売、開発していくかを考えるマーチャンダイザーとしてキャリアアップを目指すこともできます。

外資系企業、商社

外資系企業はどの職種でも基本的に高い英語スキルが求められます大手の外資系企業では社内公用語が英語と定められているところもあります。

社内の上司、部下、同僚とのやり取りはもちろん、海外の取引先ともスムーズにやりとりできなければなりません。

会議や資料作成などで正しい英語を使う必要があり、商談をしたり出張をしたりすることも珍しくありません。

外資系企業と同じく商社も英語力が役立ちます。海外に支社がある商社も多く、海外に出張するだけでなく長期間派遣されることもあります。

年収アップに役立つ英語の学び方は?

英語を習得するとさまざまな職業へ転職できる可能性が増えるだけでなく、社内や同業種でさらに高収入を目指しやすくなります。

年収アップのために英語を勉強したい!と思ったとき、どのように英語を学べばいいのでしょうか。

忙しい社会人は、効率的に、最短距離で英語をマスターしなければなりません。オススメの英語の取り組み方を解説します。

まずはビジネス英語を習得しよう!

年収アップのために英語を学ぶなら、一般的な英会話よりもビジネス英会話を習うことをオススメします。

日常会話だけでなくビジネスでよく使う言葉や正しい言葉遣いなどを学ぶことができ、一般的な英会話を習うよりも効率的に仕事に役立つ英語が身に着きます。

英会話教室やスクールの中には社会人向けのビジネス英会話コースがあるところも多く、ビジネス英会話のテキストも充実しています。

リモートでのパーソナルコーチングがオススメ

近くに英会話教室がない、残業が多く毎週同じレッスンを受けられないという悩みを抱えている社会人の方は多いです。

独学でも英語を学ぶことは可能ですが、使えるビジネス英語力を身に着けるにはやはりビジネスの実務経験や知見のある講師の的確なフィードバックが必要です。

そんなときにオススメなのがリモートで授業を受けられるパーソナルコーチングです。自宅のタブレットやパソコンで講師とつながり、マンツーマンで集中したアウトプットとインプットの練習が出来ます。

このようなリモートでの授業を開催しているスクールや英会話は増えてきていますが、”講師から継続的にフィードバックを受けられるか” “ビジネス英語の指導や実務経験があるか” など提供されているサービスやホスピタリティ含めて質にも是非こだわってあなたに合うコーチを見極めましょう!

TOEIC対策だけでは不十分!

英語力を活かす仕事に転職するなら、TOEICの点数は700点以上が目安とされています。求人によって何点以上と指定されていることもあり、高得点であればあるほどさまざまな企業への転職を狙えます。履歴書にTOEICの点数を記載するだけでも企業からの印象は大きく変わるでしょう。

TOEICの点数は選考の際には重要な決め手となりますが、ただTOEIC対策をするだけでは不十分です。TOEICは出題傾向が決まっており、ある程度きちんと対策をすれば高得点を取りやすいです。

しかしTOEICで高得点だったものの実際の日常会話や書類の作成などになると英語を上手く使いこなせないという方もいます。

ただTOEICで高得点を取るだけでなく、英語を使って話す、書く、読む、聞くがバランスよくできるように英語力を高めていきましょう。

英語力があっても自ら飛び込まなければ意味がない!

英語力が高いと高収入を目指すことができますが、ただ英語力を高めるだけでは現状維持のままです。

現在勤めている企業よりもさらに海外との取引が多い、外資系企業、海外に支社がある企業など、英語力を活かせる仕事や企業を見つけて転職活動をする必要があります。

自ら違う環境に飛び込むのは非常に勇気のいることですが、せっかく身に着けた英語力を無駄にしないためにもチャレンジしましょう。

当サイトビジネス英語コーチングCroversでは、ビジネス英語の豊富な実績や知見を基に皆さんの “振る舞いに自信を“持っていただける良質なビジネス英語コーチングを提供させていただきます。

今後のキャリアUPや選択肢を広げていきたい皆様、是非下記リンクからビジネス英語コーチングをご検討頂ければと思います!