リピーティングとは?効果はある?英語を覚えられない人のための正しい勉強法!

コーチング

英語はさまざまな勉強法があります。リスニング、ライティング、リーディングなど勉強法を実践している方も多いのではないでしょうか。

英語がうまく覚えられず困っているという方も多くいらっしゃると思います。

そんな皆さんの英語力を効果的にアップさせるためにぜひ取り入れてほしいのが“リピーティング”です!リピーティングは英語力の向上に役立ちますが、手間がかかるため敬遠されがちな勉強法でもあります。

リピーティングとはどんな勉強法なのか、うまく英語を覚えられないときはどんな対処法を取り入れればいいのかについて紹介します。

リピーティングとは?

リピーティングは、“短い英語の文章を聞いたあとそのまま同じ文章を繰り返して発音する方法”です。英文が流れる音源を再生し、停止して発音し、さらに再生し…を繰り返します。

リピーティング用の音源が少ないためこのようなトレーニング方法が一般的ですが、リーディングやライティングなどの勉強法と比べると止めたり再生したりの手間がかかるため、効率的な勉強法ではないと敬遠されがちです。

しかしリピーティングを続けると短期的な記憶力が向上する、自然に英語で話せる力が身に着くなどさまざまなメリットがあります。近年はリピーティングの必要性も認知されてきており、英語スクールなどでも取り入れるところが増えています。

リピーティングで得られる4つの効果

実際にリピーティングではどんな効果が得られるのかを見てみましょう。

リスニング力の向上、発音がなめらかになる、とっさに英語が出るようになる、英語力全般の底上げをしてくれるという4つの効果について詳しく解説します

リピーティングで得られる4つの効果

  • ①リスニング力がアップする
  • ②短期的な記憶力がアップする
  • ③とっさに英語で話せるようになる
  • ④英語力の底上げにつながる

①リスニング力がアップする

正しくリピーティングをするには、流れる英文を正確に聞き取る必要があります。集中して単語を聞くようになるため、自然とリスニング力がアップします。

日本人の耳ではどうしても聞き分けにくい単語などもありますが、リピーティングを続ける内に小さな違いに気づき、正確に発音できるようになるでしょう。

②短期的な記憶力がアップする

リピーティングはただ聞こえてきた英文を真似するだけでなく、その意味もしっかり理解した上で声に出して発音の練習をするトレーニング方法です。

なんとなく発音するのではなくその意味も把握しなければならないのが大変ですが、リピーティングを繰り返すうちに自然と聞こえてきた英文の意味を理解しながら聞き取れるようになります。

短期的に単語、英文を覚えられるので短期記憶力もアップし、リスニングのテストなどで役立ちます。

③とっさに英語で話せるようになる

最初は真似するだけでも、続ける内に違和感なく英文を口に出せるようになります。

リピーティングは簡単な英文からスタートしますが、一度基本の文章の形を覚えればあとは単語を入れ替えたり追加したりするだけ。

日常的な英会話やビジネス英会話でもとっさに英語でスムーズなやりとりができるようになります。

④英語力の底上げにつながる

リピーティングを続けることで英語力の全体の底上げにつながります。英文を読んでも脳内でスムーズに発音できるためリーディングのスピードアップに役立ちます。

基本的な文章の形をたくさん覚えることになるのでライティングの役に立ちます。さらに集中して聞き取る耳が育つためリスニングに、繰り返し発音するためスピーキングにも効果的です。

現段階よりさらにステップアップしたいという方はぜひリピーティングも取り入れてみてください。

リピーティングを覚えられない場合の3つの対処法

リピーティングを英語の勉強に取り入れたいけど上手にできない、流れてくる英文を覚えられないというときに試してみてほしい対処法を紹介します。

リピーティングの3つの対処方法

  • ①短く区切る
  • ②長い場合は意味まで把握する
  • ③やや簡単なテキストに切り替える

①短く区切る

英文を覚えられず聞き終わる頃に単語を忘れている…という方は、一度に区切る長さを今よりももっと短くしてみてください。

人の脳が音を記憶できるのは2秒間程度と言われています。なかなか覚えられない方は2秒以上の英文にいきなりチャレンジしているのかもしれません。まずは短い英文からリピーティングを始めましょう。

②長い場合は意味まで把握する

2秒程度のリピーティングに慣れてきたら、徐々に聞き取る英文を長くしていきます。このとき、ただ単語や文法を丸暗記しようとするとうまくいきません。

人の脳が音を覚えられるのは2秒程度ですが、意味まできちんと把握していればそれよりも長い時間記憶し続けられます。

きちんと意味を把握していれば、2秒以上の英文を聞いても意味から最初の単語を導き出せるようになります。

③やや簡単なテキストに切り替える

リピーティングのテキストが自分のレベルに合っているかをチェックしましょう。

リーディングでも意味を把握するのに時間がかかる、わかりにくいシチュエーションを扱っていて馴染みのない単語がたくさん出てくるといったテキストを使っているとリピーティングの効率が悪くなってしまいます。

現在使っているテキストよりももう少しレベルを下げたテキストを使ってリピーティングの練習をすれば、スムーズに内容が頭に入ってきやすくなります。

リピーティングとシャドーイングを使い分けよう

リピーティングと似たトレーニング方法にシャドーイングがあります。この二つは聞いた英文を繰り返し発音するという点では非常に似ていますが、そのトレーニングをすることでどんな力が身に着くかが違ってきます。

短期記憶力向上ならリピーティング、発音力向上ならシャドーイングと、それぞれの違いを把握して、自分に必要なトレーニング方法を見極めましょう。

短期記憶、意味把握ならリピーティング

リピーティングは英文を短く区切り、その都度音源を止めて発音を繰り返すトレーニング方法です。

リピーティングでは聞こえてきた単語や英文を短期的に記憶する、英文の意味を正確に把握する力を身に着けるためにおこないます。そのため発音は重要ではありません

意味を把握すること、英文を記憶することに重きを置いているため発音は後回しで、多少間違った発音になっていても構わないのがリピーティングです。

発音をマスターするならシャドーイング

シャドーイングは流れてくる英文を止めずに、影のようにその英文を続けて発音し続けるというトレーニング方法です。

シャドーイングでは英語独特の発音、クセ、リズム、休止のタイミングなどを学ぶことができます。

よりネイティブの発音に近づけたいという方には有効なトレーニングと言えます。ですがリピーティングのように意味を把握しながら聞き取る力は育ちにくいです。

リピーティングが不要なケースもある?

リピーティングは英語力の向上に効果的ですが、かならずおこなわなければならないトレーニングではありません。別のトレーニングで代用できないか考えてみてもいいでしょう。

英文の音源を再生し、停止し、聞こえてきた英文を口に出すのではなく紙に書く「ディクテーション」でも記憶力や意味把握力を高めることはできます。

とっさに英語で話せるようになるには、聞こえてくる英文を返すだけのリピーティングよりも聞き取りながら考えられる対人の英会話を繰り返しおこなう方がいいという考え方もあります。

いずれにしても自分に合うトレーニング方法を続けるのが一番効果的ですので、リピーティングやその他の方法も試してみましょう。

リピーティングを習得するなら英語コーチングもオススメ

英語力向上に役立つリピーティングについて解説しました。リピーティングは慣れるまで難しく、思うように練習できず挫折してしまうこともあります一人で続けるのが難しいと感じたら、マンツーマンの英語コーチングでリピーティングのコツを教えてもらうのもオススメです。

カリキュラムの中でリピーティングに適したフレーズや、実践に紐づく表現を教えてくれるところも多くあります。当サイトビジネス英語コーチングCroversでもリピーティングとシャドーイングに使える表現や音源の提供などを行っています。

時間がない、なかなか英語講師やスクールの相性がとは合わなかったなどの理由で諦めている方もご安心ください。

幅広く年齢層や実績やコーチングを有していますので、生徒様の段階にあった勉強方法や自信が付く英語のコーチングを提供させていただきます。

英語で自分の思いを相手にうまく伝えたい、より実践的な英語を身に着けていきたいと思われる方、是非気軽にCrovers体験コーチングへ