英語を話せるようになるには独学はNG? 社会人のビジネス英語最短勉強術を紹介

コーチング

英語を話せるようになるには独学はNG?

英語を話せるようになりたい!そんな方は多くいらっしゃるのではないでしょうか?
また社会人の方では、ビジネスシーンで英語を話せる人材が多く求められていると感じる方も多くいらっしゃると思います。ビジネス英語は今後の欠かせないツールの1つです。ですが忙しい皆様にとって長期間スクールに通い続けることは時間的な制約もあり難しく、独学を試みるも結果が伴わないとお悩みの方も多くいらっしゃるでしょう。

“仕事の終わる時間が不定期でスクールに通えない” “残業が多く仕事終わりにちょうどいい時間の英語レッスンがない”などさまざまな問題があります。

ビジネス英語を話せるようになるには、英会話スクールに通うだけでなく独学で習得するという方法もあります。テキストや動画、CDなどを取り入れれば独学でもビジネス英語を学べますが、できることなら最短でマスターしたいもの。本記事では、独学でビジネス英語を学ぶか、また最短でビジネス英語を話せるようになるにはどんな方法が最適なのかについて解説します。

ビジネス英語を話せるようになるのに独学がオススメできない理由

ビジネス英語を話せるようになるにはとにかく勉強が大切!と、テキストを買い込んで終わっていませんか?独学は自分の好きな時間に学べる、お金がかからないといったメリットがありますが、とにかく最短でビジネス英語を話せるようにという方にはオススメできません。

英語の習得には膨大な時間がかかります。とくにビジネス英語は、カタコトの日常会話ではなくより的確かつ適切な表現で相手に伝えることが求められます。限られた時間をより有効活用したいと考えた際に独学にはさまざまなデメリットがあります。

①話せるようになるのに、英語のリアルな発音や文法がわからない

テキスト、CD、動画など、独学でもビジネス英語を話せるようになるための教材はたくさん販売されています。これらの教材に使われているのは非常にきれいで滑らかな文法、発音のものばかり。

もちろん正しいビジネス英語を学ぶ上では欠かせませんが、実際に海外の方と取引をする際には教材通りの会話や音声とではありません。独学ではビジネスでよく使う文法や独特の発音などを学べないため、英語のテストで高得点を取れても英語を話せるようにならないという事態陥りがちです。

②効率の悪い勉強方法が身に着いてしまう

社会人がビジネス英語を話せるようになるために必要な勉強時間は最低1000時間とも言われています。そんな中、独学だとついダラダラしてしまったり、ひたすら単語を覚えることだけに時間を費やしたりと、なかなか自分に合った勉強方法を見つけられず苦しんでいる方はいませんか?

効率的に勉強した場合と非効率的に勉強した場合ではその差が大きく開くことは明らかです。特に社会人の方は多忙な方が多いため、無駄な時間やを過ごした後の後悔は耐え難いものがあります。
*例えば自分のお給料を時給換算してみることは効果的です。

Crovers
仮に1時間でワンコインのレッスンを受けたとしてその時間の価値や満足度が薄ければ、1時間にワンコイン+時給相当金額の価値をダブルで損失することになります)

皆さんがもし最短でビジネス英語を話せるようになりたいのであれば集中して勉強できる環境に身を置くこと、勉強時間を確保するコツや適切なフィードバックをもらえる優れた講師やメンター(指導者)にから学ぶことが非常に重要です。

③ビジネス英語を話せるようになるには、アウトプットが重要!

ビジネス英語を使うシーンをイメージしてみてください。多くは取引や商談の際に用いますよね。
このような場所ではただ英語を理解するだけではなく、相手の言っていることを聞き取って自分で考えて英語で返す必要があります。つまり“ビジネス英語はただ英語をインプットしたり発音の練習をしたりするだけではなく、会話やアウトプットの練習を重ねることが大切”なのです。独学では教材通りの文法や例文しか身に着かず、アウトプットをしながらの習得が不可能です。

最短でビジネス英語を話せるようになるには専門のコーチングがオススメ!

忙しい社会人の方が最短でビジネス英語を話せるようになるには、やはりビジネス英語の知見や経験ある人からのコーチングがオススメです。実績のある講師から学ぶことができれば効率的な学習ができるだけでなく、実務面でのアドバイスや表現のニュアンス、キャリア面でも心強いサポートがいただけます。

特によく使う発音や話すための文法を知ることもでき、実際にビジネスシーンでおおいに役立つます。近くに通うこと出来るスクールがない、また仕事終わりに学習の場に向かう元気がないという方も多いかもしれません。ですが近年はリモート環境の発展で、”リモート環境でも通じるビジネス英語力”のニーズが高まっています。自分の学習しやすい環境で集中してコーチングを受けることで、より自分の時間を有意義にかつストレスレスに学習に取り組めると思います。

このようなリモート環境の便利さを利用し、さらに独学を組み合わせることで最短でビジネス英語を話せるようになります。すき間時間、移動時間に単語や文法を覚え、自分の望む場所でビジネスシーンを再現したコーチングを受けることが出来ます。独学がまったく役に立たないというわけではありませんが、皆様一人ひとりの”貴重な時間“をより賢くかつ有意義に使うことが大切です。

最短でビジネス英語話せるようになる講師の選び方

最短でビジネス英語を話せるようになるに、経験豊富な講師にマンツーマンで継続的にフィードバックを受けることをオススメします。教え方や知見は各人により異なり、どこでも同じ指導を受けられるわけではありません。よりスピーディーに、効率的にビジネス英語を話せるようになる講師の選び方を次に紹介します。下記のような点に注目して皆さんにぴったりの“英語を話せるようになる支援してくれるパートナー”を選んでくださいね。

①ビジネス英語を話せる(実務で使う)日本人から学べる!

講師を選ぶ際、ビジネス英語を話せる日本人から学べるかどうかは非常に重要です。特に自分でちゃんと知識をつけて0ベースから学んだ人が理想といえます。皆さんの中には “ネイティブから学ぶべきでは?” “帰国子女などペラペラの人に学んだ方がいい“など意見はあると思います。このような方々は “自然と英語が話せる” という方が多く、皆さんの疑問やどの手順で学べばよいかという質問に対してロジカルにまた納得できる回答が得られないケースが多々あります。

Crovers
 例えば皆さんは日本語を話せますが、日本語を海外の方に説明することをイメージしてみてください。。。”なぜこうなるの?”と聞かれたときに納得のいく説明をすることは難しいと思います。「だってこういうもの」という説明を受けても腑に落ちないではないでしょうか?

その点、ビジネス英語を皆さんのように苦労して身に着け、そして実践で使う講師には彼らなりの工夫があり、ビジネス英語を話せるようになっていると言えます。皆さんの悩みや苦悩を先に経験している先輩として、適切な方向修正やまたモチベーションを保つメンターとしてもサポートが期待できるでしょう。皆さんの知っている方が英語を使って活躍していると、ゴールが想像しやすいともいえるかもしれません。

また講師を選ぶにあたり “実績”があるかどうかもチェックしましょう。生徒様の生の声やその生徒様が皆さんに似た属性や悩みを持つ方で実績を出されていたら、信頼のある講師であると言えます。体験レッスンなどで人柄も確認するといいかもしれませんね。ただ英語を話せるだけではなく、効率的な指導方法もきちんと心得ている講師から学ぶことは大切です。

②リモートで学べる

忙しい社会人にとってリモートで学べることは非常に重要です。近くに英語スクールがない、仕事終わりに電車を乗り継いで英会話教室に向かう気力や時間もないという方は多いですよね。

リモートで授業を受けられるコーチングを選べば、仕事終わりにスクールに向かわなくても自宅でパソコンやスマホを通して学べばより時間を効率的に使えます。世界的なパンデミックを発端にリモートで英語を学べる機会は増えています。豊富な選択肢の中から、マンツーマンで指導してもらえる、自分の都合に合うなど、忙しい毎日の中でもしっかり学べる環境を提供してくれるコーチングを探してみましょう。

また、リモートでコーチングをおこなっている方はデジタルの知見や、またリモートでのプレゼン能力などこれから求められるスキルが高い方も多いです。ビジネス英語話せるようになるために始めたコーチングが、ビジネススキルの向上など別の副産物をもたらしてくれることも期待できるでしょう。

③好きな時間を選べる

リモートでのマンツーマンのコーチングのメリットは時間の調整が生徒様と講師でつきやすいことです。例えば大手スクールは毎週同じ時間に開催されるレッスンに通う方法がメインで、レッスンのキャンセルにペナルティがかかることが多いです。またスクールに通うにあたり、通学の往復時間や待ち時間のカフェなどの待機など考慮すると、想像以上にトータルコストや空白の時間があるケースが多いです。

働き方が多様化している現代では、毎週同じ時間を空けるのが難しい方も多いですよね。仕事が終わるのが遅くなり教室に向かえずに月謝を無駄にしてしまった…という経験がある方もいるのではないでしょうか。そのような失敗を繰り返さないためには、好きな時間をその都度指定できるリモートコーチングがオススメです。

マンツーマンで、リモートで指導してもらえるコーチングはこのように自分のスケジュールに合わせて次のレッスン時間を決められるところも多いです。とくに仕事のシフトや就業時間が不定期な方は、融通が利くかどうかもきちんと確認しておきましょう。

ビジネス英語を最短で話せるようになるには講師選びが重要!

ビジネス英語を最短で話せるようになるためにできることを紹介しました。

独学では十分にリアルなビジネス英語を習得するのは難しいですので、マンツーマンで経験のある講師に学ぶことを検討してみましょう。英語学習といっても近年はスタイルが多様化してきおり、各スクールがさまざまなニーズに合わせた勉強方法を提案しています。スクールのカリキュラムがいかに充実していても、それを教える”指導者(メンター)“が合わなければ効果を発揮できません。カリキュラムや教材だけでいいのであれば、英語が話せるようになるニーズがここまで日本にないでしょう。

実績豊富な講師にマンツーマンでビジネス英語を学ぶことは、皆さんの”話せるようになる“という目的達成の大きな助けになることでしょう。講師からしっかり英語で学び、さらに独学で細かな点を埋めていくことで、最短でビジネス英語を話せるようになりますよ。

当サイトビジネス英語コーチングCroversでは ビジネス英語の豊富な実績や知見を基に皆さんの “振る舞いに自信を“持っていただける良質な英語コーチングを提供させていただきます。是非講師のプロフィールやお客様のリアルな声を見てみてくださいね。