英語が苦手な社会人でも克服できる!英会話習得に必要な勉強方法8選!

投稿日時:2022年04月24日

「英語が苦手」というコンプレックスは、大人になるとなかなか拭うことができません。
社会人となり仕事で英語を使う、旅行に行く、といった場面で英語が話せたらいいのに……と思っても、忙しくて時間が取れなかったり、そもそも学習方法が分からなかったりして諦めていませんか?


英語に苦手意識を持っている社会人の方は、「勉強すること」そのものにハードルを感じています。「どうせできない」とか「難しい」とか、「嫌だなぁ」というネガティブな先入観が英語学習のストッパーとなってしまっているんです。


でも……上手な勉強法を実践できれば、英語が苦手でも、忙しくて時間が無くても、英会話は習得できます!
英語が苦手な社会人のために、すぐ実践できる勉強方法をご紹介します。

語学習得の極意

英語をはじめとする外国語学習には、極意があります。英語に苦手意識を持っている方の多くは、この極意を意識したことがなく、偏った学習法を実践してしまっています。

その極意とは……


【インプットとアウトプット、どちらもバランスよく実践すること】



インプットは、単語や文法を覚えて理解すること、知識を増やすことです。読む(reading)、聴く(listening)など、「吸収する」学習法になります。


これに対しアウトプットは、自ら発話する(speaking)、書く(writing)といった行動で、吸収した知識を「使う」学習法です。



日本人の英語学習は、インプットに偏りがちと言われています。インプットだけだと、実際に「使う」練習ができないため知識はあるのに話せないという状態に陥りがちになります。


逆にアウトプットだけだと、十分な知識が無いために語彙力不足で「自分が伝えたいことを正しく伝えられない」という現象が起こります。



インプットもアウトプットも、どちらもバランスよくおこなうことで、はじめて語学力が向上します。
英語が苦手な社会人の多くは「単語や文法を覚える」ことや、「とにかく英語を聞き流す」ことなど、インプットしかしていないという傾向にあります。

インプットで大切なこと

単語や熟語を覚え、語彙を増やすことは、英会話のための大切なツールを増やすことになります。こればかりは、とにかく「勉強」するしかありません。

単語カードや、単語帳、暗記シートを駆使して、徹底的に頭に叩き込むことが必要です。時間はかかりますが、「急がば回れ」でコツコツ努力の積み重ねが将来の英語力をグンとアップさせます。


ただ、社会人が使う英語はある程度「使う言葉」や「表現」が限られます。旅行であったりビジネスであったり、自分が英語を話したいシーンや、必要なシーンのために覚えるべき単語や表現を”無駄なく”インプットすることが大切です。

特に苦手意識を持っている方は、とにかく「片っ端から覚えよう」とか「全部覚えよう」とか、そういった無駄なインプットをしがちです。時間がない社会人だからこそ、そのインプットの質にはとことんこだわるようにしましょう。


覚えるだけでなく、英語をたくさん「見る・聞く」のもインプット学習で重要なことです。
もっとも手っ取り早いのは、身の回りのものを全て英語にしてしまうという方法です。テレビもスマホも英語に切り替え、日常的に英語に触れる場面を増やすことで、耳や頭が英語に慣れます。


英語に慣れながら、必要な知識を無駄なく会得していくことが、社会人にとってのベストなインプット学習法となります。

アウトプットで大切なこと

アウトプット学習で大切なことは、能動的になることです。英語を「自分のものにする」ためには、とにかく喋り、書き、自ら英語を使うことが必要です。

ここで意識したいのは、日常の中や、仕事の中で、実際に英語を使うことを想定し、そこで繰り広げられる会話やコミュニケーションを英語にしていくというイメージでアウトプットしていくことです。必要なシーンで必要な英語が出てこなければ、社会人の英語学習の意味がありません。普段使わない表現をマスターしても、使いどころがなければ時間を無駄にしてしまいます。


理想的なのは外国人を相手に喋ることですが、それが難しい場合は日本人相手でも構いません。もっと言えば一人でも日記を書くなどの行動でアウトプットはできます。「相手がいないから・時間が無いから」といったことではなく、どんどん英語を使いましょう。


どんどん英語を使えと言われても、そもそも苦手なんだからどうやったらいいか分からない、という方は、この先の具体的な勉強法を読み進めてみてください。役立つヒントがあるはずです。

英会話習得のための勉強方法8選

それでは、英語が苦手で忙しい社会人でも実践可能な、オススメの勉強法をご紹介いたします。ご自身に合った方法を探してトライしてみてください!


1.起きたら英語のニュースを聞くor見る


朝起きたら、まず英語を耳に入れることで、英語耳、英語脳を作っていきます。テレビで英語のニュースをつけてもいいですし、スマホアプリなどで英語のニュースを聞いてもいいです。



英語が日常に溢れる環境を作り、1日のはじまりに英語を取り入れることで、英語への抵抗感を軽減できます。

2.移動中はアプリなどで語彙を増やす


忙しい社会人にとっては、通勤などの移動中も貴重な学習時間です。単語を覚えるのに有効なアプリや、暗記本、暗記カードなどを用いて、移動中に語彙力を上げましょう。


アプリならばスマホ1つで完結するので、荷物にもなりませんし、満員電車でも邪魔になりません。苦手なことにチャレンジするのに、日常の中で必然的に生じる「移動時間」はもってこいの時間です。是非有効活用しましょう。

3.スキマ時間で英単語の記憶定着トレーニングを重ねる

移動中の暗記学習をはじめ、ちょっとした休憩時間や、寝る前の自分時間、起きてからの少しの時間など「スキマ時間」で、ちょこちょこと記憶定着トレーニングをおこないます。

記憶定着トレーニングのやり方は人それぞれですが、筆者の学習方法をご紹介します。
          
    • ①英語を見て日本語の意味が言える
    •     
    • ②日本語を見て英語が”言える”
    •     
    • ③日本語を見て英語で”書ける”

この順番で暗記を繰り返して定着させていきました。英語が苦手な人は、いきなり③からチャレンジしようとして挫折してしまうのではないでしょうか。まず「英語→日本語」から始めると、覚えやすいのでオススメです。

4.好きな英語曲をマスターしてカラオケで歌う

苦手な英語学習を成功させるコツのひとつに「好きなことを活用する」というものがあります。歌が好きな方、特に洋楽が好きな方は、是非好きな曲を英語で練習してみてください。

練習してカラオケで歌ってみてもいいですし、わざわざカラオケに行かなくてもYouTubeなどの動画に合わせて歌ってもいいです。
発音の練習にもなりますし、意味を考えながら歌うと英語力も自然に上がっていきます。

5.海外ドラマや洋画は字幕無しか英語字幕で観る

映画や海外ドラマが好きな方は、その趣味を生かして英語学習につなげましょう。
字幕無し、もしくは英語字幕で鑑賞すると、英語耳を養い、英語力を上げられます。


折角の趣味を楽しみたいのに苦手な英語ばかりで疲れてしまう、という方は、日本語字幕をつけて楽しみながら、英語の表現との違いを意識してみるだけでも英語力向上につなげられます。

6.できる限り毎日英語で日記を書く

アウトプット学習で有効かつ誰でもすぐにでも実践できるのが、日記を書くことです。
そもそも日本語でも日記なんて書かない、社会人の毎日は同じことばかりで書くことがない、という方は「日記」の考え方を変えてみましょう。


「今日あったことを書きとめる」という意識から、「今日のできごとを振り返り、自分の英語力で何か書けることはないか探す」という意識にシフトチェンジして、何でもいいからとにかく書く、ということにトライしてみてください。

7.月に数回は必ず英語で会話する機会を作る

生きた英語、使える英語を身に付けるためには、「話す」ことも重要です。理想的なのは、ネイティブの先生や友達と英語で会話する機会を月に数回設けることです。

ただ、忙しくて時間が取れない、お財布事情が厳しい……という場合には、数ヶ月に1回でも大丈夫です。

対話式のレッスンでも、オンラインレッスンでも、外国人との社会人交流サークルでも、なんでもいいので、とにかく英語で話す場を探して参加してみましょう。

8.英語を仕事で使う実務経験を積んだ講師から最短距離で効率的に英語を学ぶ

    • 忙しくて時間が取れないし、英語に苦手意識をもっていてなかなか一歩が踏み出せない……
    • 自分で英語学習するやり方が分からないから誰かにサポートしてほしい……
    • 学校で習った英語や資格試験のために勉強した英語は、ぶっちゃけ社会人として使う英語には役立たない……
    • 社会人になってから独学で勉強したつもりが、全然使える英語をマスターできていない……

そんな方には、実際に英語で業務をおこなうなどの実務経験を積んだ講師から、自分に必要な英会話能力を最短距離でマスターする方法を学べるコースを受講するという方法をオススメします!


語学をマスターするとひと言で言っても、100%その言葉を知り尽くす必要はありません。自分が英語を使う場面で、必要な表現とコミュニケーションが取れるだけの語彙を知っていれば、それだけで表現や会話をカバーできます。

遠回りをして「使わない・使えない」英語ばかり習得するのではなく、無駄なく的確なビジネス英語、社会人のために本当に役立つ英語を習得する方が、苦手もカバーできますし、時間も短縮できます。
ビジネス英会話に特化したコーチングサービスを受けることで、必要な語彙、表現、伝え方を無駄なく遠回りせずに必要なエッセンスだけ吸収できます。
オススメのコーチングサービスはコチラ!

もし、あなたが英語に苦手意識をもっていて、しかし忙しくてなかなか時間が取れずに英語学習ができないでいる、という悩みを抱えていたら、是非体験出会いましょう!
自己流よりもスピーディーかつスムーズに英語力を上げていける道が見えるはずです!

忙しい毎日でも英会話習得はできる!

8つの勉強法をご紹介しましたが、この中から自分ができるものを「インプット」と「アウトプット」でバランスよく生活に取り入れて始めてみましょう。自分で少しずつ学習を進められる方は独学でも英語学習はできます。無料のアプリや、無料の英語コンテンツがたくさんあるからです。


ただ、自分ではどうやって勉強したらいいか分からない、モチベーションがキープできない、やりたいなぁという願望はあっても実際に一歩踏み出せない、という方は、プロの力を借りるというのも手です。

オンラインレッスン、対面レッスンなどもいいですが、忙しくて英語学習に割ける時間が限られている社会人の方は、是非8つめにご紹介したコーチングを試してみてください。時間を有効活用し、必要な英語力を短距離で身に付けられます。

英会話を楽しんだり、仕事に生かしたりできるよう、応援しております!
<参考リンク>
CROVERS CROVERS 講師プロフィール
CROVERS  生徒の声
CROVERS  英語の資格別 社会人に英語学び直しにオススメな資格3選
CROVERS  英語を話せるようになるには独学はNG? 社会人のビジネス英語最短勉強術を紹介